アジアから文化を学んだ日本の歴史と、アジアから学ばない選挙制度 - 在日韓国人の私が、日本人に物申す!

アジアから文化を学んだ日本の歴史と、アジアから学ばない選挙制度

素晴らしい文化や高潔な道徳を持っている人がいたら、
国政についての意見を聞いて
日本の発展に役立てるべきだと思います。
国籍は関係ないのです。

日本人の中大兄皇子はどうして尊敬されているのでしょうか?

それは、律令の導入で日本を法治国家として整備するというビジョンを示したからです。
中国の優れた律令を日本に導入するというビジョンを示したのは、
中大兄皇子の優れた見識でした。

また、世界最古の木造建築として日本人が誇りとする法隆寺も、
朝鮮の建築技術者に学び、建築されました。


国家が文化を築き、富を増やすには、外部の意見や見識というのは、
喉から手が出るほど貴重な物なんですね(^^)


日本だけに限りません。中国の秦は、衛国出身だった商鞅や楚国出身の李斯を宰相に任命し、
中国を統一するほどの強国となりました。


「敵国出身の者が政治家になるなどトンデモナイ!」
と言う、視野の狭い一部の日本人。

歴史を知らないから、そのように思ってしまう訳なんですね。
ましてや、日本と韓国は敵国ではないのです。


選挙にすら行かない若者が多い現代において、
「選挙に行きたいから、どうか選挙権を下さい」とは、
何という立派な心がけでしょうか。


私たち在日は思います。

「選挙に行かない日本人が多いのは悲しい。
 私たちには選挙権が無いのだから・・・」

「もしも私たちに選挙権を認めてくれるのなら、
 90パーセント以上の投票率は確実なのに、悔しいよ・・・」


ある日本人の若者は、在日コリアンの選挙に対する意識の高さ、心がけの立派さに、
「日本人の若者こそ、彼らから学ばなければならない。」と言って、
感動したのです。


そして、その日本人の若者は、
在日コリアンに対して申し訳ないと思ったそうです。

「選挙権をどうでも良いと思っている日本人の若者には選挙権があるのに、
 本当に選挙権を必要としている在日コリアンに
 選挙権が認められないなんて・・・」


例えば、暑い地方の人はストーブを持っていても、
「ストーブなんて要らない」と言って捨ててしまいます。

それなら、本当にストーブを必要としている人に、
あげるべきなのです。


つまり、「選挙権というストーブ」をいらないと言っている日本人の若者は、
選挙権を在日コリアンに譲るべきなのです。


少しでも日本の若者が選挙に行くことを望みます。
私たち在日には認められていない投票の権利。


その投票の権利を使わないなんて、
私たち在日にとっては「それなら私たちに頂戴よ!」と
言いたくもなるのですよ・・・

この記事へのコメント
元敵国出身者でも、今の自分の国の為に命をかけてる人は、今も昔も日本においては尊敬されてますよ。金美齢さんしかり、石平さんしかり。
あなたにとって日本は自分の国ではないでしょう。日本の為に命もかけてないでしょう。そのくせ、権利ばかり主張しなさんな。
Posted by at 2017.12.07 07:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

最近のコメント
「黒船ショック」に対する日本人の迷走
 ⇒ キム子 (04/21)
 ⇒ キム子 (04/21)
日本は強い!中国韓国北朝鮮、何するものぞー!(笑)
 ⇒ 落雁 (04/15)
 ⇒ (04/15)
 ⇒ みな (04/15)
平和主義を貫き、兵役を拒んだ友達のお父さん
 ⇒ (04/12)
 ⇒ (04/12)
 ⇒ Star (04/12)
韓日戦争をシミュレーションしてみた。
 ⇒ (04/12)
 ⇒ さくら (04/12)
 ⇒ (04/12)
日本国籍を取れない在日のお爺ちゃん
 ⇒ さくら (04/10)
 ⇒ さくら (04/10)
 ⇒ さくら (04/10)
日露戦争を美化してはならない。
 ⇒ (04/08)
 ⇒ 助教授 (04/08)
 ⇒ (04/08)
安倍総理は戦争をしたいの?
 ⇒ あきれた (04/08)
 ⇒ Star (04/07)
 ⇒ さくら (04/06)
日本軍の参謀本部は無計画に戦争を起こし、前線にツケを回す。
 ⇒ (04/08)
 ⇒ (04/07)
 ⇒ (04/07)
日本を愛すればこその苦言
 ⇒ (04/07)
 ⇒ (04/06)
 ⇒ (04/06)
カテゴリ
最近の記事
Copyright © 在日韓国人の私が、日本人に物申す! All Rights Reserved.